占い師はカウンセラー

占いに何を求めますか

占いに対して人が求めるものや期待するものはさまざまです。
また、占いの方法によってもそれは異なります。
新聞や雑誌、テレビの情報番組などで紹介する「今日の運勢」や「今週のラッキーアイテム」といったものなら、占いの精度を気にする人もさほど多くはないでしょう。
でも占い師の元に出掛けて占ってもらう場合には、やはりしっかりとした内容を求めるはずです。
さらに占いの結果だけでなく、それに対する対処法やアドバイスなどを支持してくれる占い師を「よい占い師」と判断するのではないでしょうか。

どうすればいいのかを教えてくれる

たとえば、付き合っている彼氏がいてその人からプロポーズされたとしましょう。
けれども自分としては年齢的、時期的、さらには感情的にもまだ結婚を意識していないので、どうしたらいいか占ってもらおうとしたとします。
その結果、占い師が「その結婚はやめておきなさい」といったとして、その理由などをはっきり説明してくれなかったならどうでしょうか。
理由を説明してくれたとしても、あなたが彼氏のことを好きだとしたなら、その後はどのような身の振りをしたらいいのだろうかとも悩んでしまいます。
そんなときに、「今は結婚すべきではないけれども何年後かにそのチャンスが来る」とか「彼と結婚したければこのような行動を取ると上手く行く」といったアドバイスが欲しいものです。
占いを求める人というのは、悩んでいたり問題を抱えている人が大半です。
したがって、占いの結果だけをそのまま伝えるのではなく、どうすればよいか、どうすれば好転するかについての的確な指南を求めているといえます。
ghtrts
優れた占い師というのは、優れたカウンセラーでもあるといえるでしょう。

占いには経験も必要

占い師は資格や学歴などが必要ありませんから、誰でもなろうと思えばなることができます。
しかし、占い師として生活ができるだけの収入を得るのはそう簡単なことではないようです。
占い師として収入を得るためには、やはり最低限の占いの基本をしっかりと身に付ける必要があります。
また、知識ばかりが役立つわけではなく、経験がものをいうケースもあります。
優れた占い師とは、結果をそのまま伝えるのではなく、それをどうこれから活かしていくかをアドバイスできる点にもあるのです。
同じ占いの結果がでたとしてそれを相手に伝える時、相手が何を望んでいるかをしっかり把握して的確な結果を示さなければなりません。
もちろん「ウソ」の結果を伝えろというわけではありませんが、相手によっては少々結果を変えることが必要なケースもあるということなのです。
したがって、知り合いや友達に協力してもらい、占いを実践して経験値を積み上げていくことも必要です。
誰でも簡単になれる占い師ですが、占い師として収入を得られるようになるまでにはやはり数年掛かると覚悟しておくべきです。
焦って数ヶ月で覚えてしまおうとか1年以内に占い師として収入を得ようなどと考えると、挫折してしまう原因ともなりかねないでしょう。
もし短いスパンで占い師にならなければならないと状況であれば、一旦考え直した方がいいかもしれません。

その他の必要要素

占いは統計学や科学を応用したもので知識と経験があればできるとされていますが、やはりそれらだけで答えが出るものではないようです。
つまり、霊感や直観力といった要素も多分に必要とされるのです。ピュアリでは電話占い師を募集中です。

とはいえ、これらの条件はあくまでも「優れた占い師」「当たるといわれる占い師」を目指す場合で、普通の占い師なら誰もがなれる可能性があるのは事実です。実際、占い師募集している占いサイトも多数存在します。

更新情報

△PAGE TOP